気仙沼さんま寄席

午後1時半 気仙沼市民会館。
b0197998_23241467.jpg

今日は糸井さんがお手伝い人として開催される「気仙沼さんま寄席」の日。
午前中降っていた雨もすっかり上がり、気分もアップ。
車の中で軽く昼食をとり会場に入りました。

開場は1時半、開演は2時。
来場予定のお客さんは約1000人。
開演前からかなり盛り上がっていましたよ~。
b0197998_23255733.jpg

気仙沼のキャラクター「ホヤぼーや」も登場。大人気!
ほぼ大人しかいないのに次々と記念撮影に人が群がっています。

2階、物産コーナー。
いろんなお店が出店しています。もちろん、ほぼ日のブースもありました。
b0197998_23273562.jpg

ここで「さんま寄席ティーシャツ」を購入。

「金のさんま」で有名な斉吉商店の売り場も。
b0197998_23285231.jpg

かわいい売り子のスタッフさんたちをパチリ。
スタッフさんの持っているプチ大漁旗、ちょっと惹かれました。

さぁ、いよいよ開演前です。席につきました。
b0197998_23312090.jpg

これが本日のパンフレット。
b0197998_23322436.jpg

立川志の輔さんの落語会がメインです。

演目はこちら。
b0197998_23354627.jpg

感想は?

とっても、とっても面白かった!そして泣けた。
さすが今、日本で一番チケットが取りにくい落語家さんです。(ダンナ談)
話芸ってすごいです。話を聞いてるだけなのに、まるで本当にその現場にいるような
錯覚がしてしまう。能や歌舞伎の話しをしてくれたんですが、本当にそれらの舞台を
見ているかのようでした。
落語会に参加したのは今日で2回目ですが、初めて落語の素晴らしさを実感しました。

前座の談修さんの落語も面白かった。
初めて「目黒のさんま」ってどんな話かわかりました。

糸井さんと志の輔さんのこたつトークも笑えました。
本当にこたつをステージにもってきて二人でお茶飲みながら話してて
まるでラジオ番組でも聴いてるかのようでした。芸が細かい。さすがほぼ日、糸井さん。

志の輔さんの落語が終わった後、間髪いれずに「どや節」の演奏が入った演出もよかった。
会場の一体感を味わえました。
落語会ってちょっと地味な印象だったんだけど、糸井さんテイストが入るとこうなるんだ!
と感心しながら時間を過ごしました。

最後は、志の輔さんの音頭で会場内全員で3本締め。江戸っぽいでしょ?
あ、でもその後、「気仙沼バンザイ」三唱もしました。糸井さんの音頭でね。

落語会が終わった後、打ち上げにも参加しました。
一人2000円で、一般のお客も入れる打ち上げです。
b0197998_23365437.jpg

かんぱ~い!
この特製マスはお持ち帰り。

立食形式のお料理は、気仙沼の食材をふんだんに使ったものがメイン。
私は生まれて初めて「マンボウ」を食べました。
気仙沼市長も落語会の最初から打ち上げまでずっと参加してて
このイベントへの意気込みを感じました。

気仙沼、熱いです!

そうそう、この落語会はそもそも毎年開催している「目黒のさんま祭」を実行するための
費用が大変、ということでその支援のためのイベントだったんです。
だから今日の支援は次回のさんま祭につながります。

次回の「目黒のさんま祭」は、9月16日日曜日だそうです。
お近くの方、ぜひあつあつのさんま食べに行ってくださいね~。

(おまけ)
神奈川からお越しの素敵姉妹のお二人、明日は平泉ですね。
世界遺産、どうぞお楽しみください♪
by zizo_cafe | 2012-03-25 23:22 | 震災後日記

お菓子とお花と自家製天然酵母パンの探求の日々。二ホンミツバチとの暮らしはお休み中。


by zizo_cafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31