人気ブログランキング |

「永遠のソール・ライター」展_b0197998_23193411.jpg

数年前、たまたま東京へ遊びに行ったときに地下鉄の駅構内で偶然見たポスターに一目惚れ、それ以来ずっと”本物”の作品を見たいと願っていたソール・ライター。新年早々新たに回顧展がスタートするのを知って機会をうかがい続け、先日ようやく行ってきました。日曜午後の大混雑している渋谷のスクランブル交差点をよたよたと横切り、Bunkamuraへ。シーンとした会場内を入場とともに並びながら進むような状態ではありましたが、おかげさまで一つひとつじっくり作品と向き合うことができました。

書籍では何度か目にはしていましたが、やっぱり本物は全然違う。色といい、透明感といい、印刷とは全く違います。あまりにも素敵で思わず涙ぐんでしまった作品も。どれもこれも素敵なんですけど、一番胸を打たれたのは「歩道」という作品。これは全く私個人のプライベートな経験からきた感情ですが、私自身が子どもの頃に雨の日、自宅の二階の窓を見て感じた何かを思い起こす作品だったのです。一気にあの頃の感受性がよみがえったようなそんな錯覚がして、胸がいっぱいになって作品の前に立ち尽くしてしまいました。彼の作品にはなぜかとても感情を揺さぶられます。一枚の写真にたくさんの物語があるように見えるからでしょうか。

窓越しに見える外の風景に映り込む内側の風景だったり、その逆だったり。高架橋のすき間から撮ったり、大きなひさしの下から撮った遠くの風景だったり。一枚の中に幾通りもの見方ができるので一枚見ているだけで空想が広がるのです。絵のような写真。

ソール・ライターはもともと絵描きを目指していたので、彼の絵も展示されていましたが、その絵がまるで彼の写真そのものであることに気づいて驚きました。絵が先でその後写真を撮り始めたわけですが、彼の中ではもともと見えているものがあって、それが最初は絵だったけどその後カメラを手にし、写真という形で昇華された、カメラは彼が出会うべくして出会ったツールだったのではないかと思えます。

「永遠のソール・ライター」展_b0197998_23200071.jpg

展示の最後の方、彼の言葉で「成功より愛を選ぶ」みたいなフレーズがあり、ソール・ライターの人生を自ら謳っているような気がしました。勝手に呼ばせていただけるのであれば、愛の写真家、ソール・ライター。

お約束のお土産コーナー。私、作品展を見にきてこんなにこの種のコーナーで時間を使ったことはないかもしれません。見ればみるほど欲しくなって選ぶのがとても大変でした。その割に買ってこなかったことをいまだ後悔しているものがありまして。はぁ、あのペーパーウエイト、なぜ買ってこなかったのかしら。

会期は3月8日まで。もう一度、行きたいと思っています。






# by zizo_cafe | 2020-02-12 00:14 | アート探訪

本屋にて。

どうも夜中になると何か書きたくなるらしい。気づくとこのブログはいつも夜中に更新している。
夕方、なんとはなしにたぶん初めての本屋さんに立ち寄った。そこでたくさんの本当にたくさんの本に囲まれた。一つひとつ背表紙を目でなぞって歩いた。そこに並んでいる本はほとんど読んだことがないと思った。

私には特筆すべき才能がないし、存在の有無が社会に影響を与えることはほぼないんじゃないかと思っている。でもだからと言ってこれらの本を読まずに死ぬのはなんだかもったいないかも、と棚に並ぶ夥しい本を見て単純に思った。そう思うことが正しいのかどうかわからないけど、死にたがりの私にひょんなことから生きていく理由ができたように思った。

振り返れば私は読書好きな子供で、小学生の頃には登下校の時に本を読みながら歩いているのを担任の先生に見られ「おまえ、二宮金次郎みたいだな」って笑いながら注意されたこともある。そんなに本が好きだったのにいつのまにかそれほど読まなくなっていた。アホな私。本を読むために生きるでもいいのに。人生悲観して死のことばかり考えていた。田舎には大きな本屋さんなんてなくて、いつも活字に飢えていたのに。どうして原点を忘れてしまったのだろう。才能なんてなくても、「読んだことのない本を読む」というのも立派な生きる意味なのに。

思いがけず生きる意味をひとつ見いだせた。これから生きるのが少し楽になるかもしれない。ちょっと嬉しい。

# by zizo_cafe | 2020-01-28 01:33 | 生活

フライング。

40を超えた時、私はこう思った。ようやく死ぬまでの時間の方が短くなると。それから勢いよく片づけを始めた。いつ死ぬかわからないけど、生きるかもしれない時間より死にゆくまでの時間の方が確実に短くなった今、いつその時が来ても大丈夫なように、旅立ったあと見つかって恥ずかしい文章とか、絵とかモノとか、全て捨てていこうと決意したから。


可能な限りのお片付け系の紙媒体、ネット検索、口コミ情報を集め、自分なりに実践していった。捨てたり、売ったり、寄付したり。片づけはゆっくりだけど着実に進めていった。かなり捨てた。特に紙もの。画用紙に書いた絵と詩みたいなものとか、ノートに書きつづった心の声とか、そういう誰にも見られたくない紙ものは率先して捨てた。


しばらくしてからふと気づいた。いくら人生折り返しって言っても急に時計の針が速く進むわけでなし、1年って意外と長い、2年になるとさらに長い、3年経つともうひと昔だ。家系的にそんなに長生きしないと思われるけど、それでも寿命と思われる年まであと30年はある。1年が案外長いのに、それがあと30倍⁉


私が想像するよりもしかして先は長いんじゃないか、終活するには少し早すぎたかもしれない。


そう思った瞬間、急に捨てた紙ものたちが愛おしくなった。まだ若かった自分が思ったことや、考えていたこと、それはその時だけのもので今それを書く事はできない。なんて馬鹿なことをしたんだ、貴重な自分資料を捨ててしまうなんて。


その後、片づけはほどほどにしている。死ぬための準備というより、とりあえず今を心地よく生きるために。


# by zizo_cafe | 2020-01-11 22:43 | ミニマリストへの長い道

進むべき道。

進むべき道。_b0197998_23144975.jpg

年明けに実家に帰省した。妹家族もいて必然的に今高校3年生の姪の進路の話しになった。もう3月には卒業なのにまだ進路が決まっていないらしい。何か迷っているのかと思いきや姪はアイドルになりたくてその道に進みたいのだけど、親である妹夫婦がそれに反対しているのである。「アイドルになりたい」って小学生の言うことならなんとなく話し半分に聞き流すところだろうが、高3ともなると別だ。かなり真剣なのである。自主的にオーディションを受けたり、韓国語の勉強をしたり(K-popのアイドルになりたいから)、カラオケでひとり歌の練習をしたり、姪なりに努力しているようなのである。それに対して妹夫婦は、夢はわかった、でもその夢を追いかける前にとりあえず韓国が好きなら韓国語の通訳を目指したりするのがいいのではないかと、まぁある意味現実路線の提案をしているのだけど、姪としてはどうも納得いかなくてお互いの意見が平行線というわけだ。

その状況を知って私は自分の過去の失敗から思わず夢があるならそれを追いかけた方がいいと言った。私は若い時、夢というより自分ができること、つぶしがきくことを探してしまった、その結果自分の道を見つけるのにものすごく遠回りしたし、しなくてもいいような苦労もたくさんしたことをこの上なく後悔している、と。今すぐ叶わなくても夢はあきらめないで目指したほうがいい、小さなことでも積み重ねて、音楽で生きていくことが現実的でないだなんて絶対にわたしは言わない、好きなことなら大変でも頑張れるでしょ、と大きな顔で言ってしまった。

まったく余計なことをいうおばさんである。人の子どもだからね、言いたい放題いえるのです。
でもいったことは本心だし、後から考えて姪に感心した。私、高3で「やりたい、こうなりたい」っていう具体的なはっきりとした夢なんて持ってたっけ?アイドルですよ、アイドル。正直シンガーソングライターとか歌手よりハードルは高い、ように思うけどそれが夢なら目指すしかないと思う。人生は一度きり、思う存分生きてほしい。

さて、姪をたきつけた伯母のわたしはどうしよう、自分自身に問いかける、あんたは何がしたいの?

# by zizo_cafe | 2020-01-06 00:37 | 生活

輝く夜に。

輝く夜に。_b0197998_01194555.jpg

メディアテークの灯が消えていると、窓にページェントの光が映ることにいまさらながら気がついた。

毎年習慣のようにこの光を見に来ているけど、そのたびに「来年は違う自分でこの風景を見れたらいいな」とか、「来年はどこか違う町に引っ越しをしているから見にこれるのはこれが最後になるかもな」とかまるで根拠のない未来の
自分の変化をいつもどこかで期待している。そんな愚かな期待を心に秘めるのは、何も冬のページェントの時だけじゃない。夏の花火大会の時もそう。夜空に打ち上げられる色鮮やかな火薬の燃焼を見上げながら、もうとっくにこの街を出て違う人生を歩んでいる、かつて一緒に花火をみた友人たちのことを思い出しては、過去も未来もさして変わらない自分を呪うのだ。

人生は期待どおりになんて絶対にいかないし、むしろ期待も望んでもいない方向へ向かうことの方が圧倒的に多い。自分になんてなんの価値もなく、こんな人生いつでも終わってしまっていいと毎日思っている。けど、もし本当にそうなったらもしかしたら悲しんでくれる人がいるかもしれない、そういう人のためにももう少し自信を持ってきちんと生きなければとも思う。

人間の気持ちなんてアンビバレント。自分に価値を見いだせないくせに自暴自棄にもなかなかなれない。私の期待や呪いに答えはなく、求めてもいない。毎年2回、冬と夏、ページェントと花火大会、空に輝く美しい人工の加工物を見上げては湧き上がる感情をもてあそぶ。

# by zizo_cafe | 2019-12-30 02:20 | 生活

東京アート散歩その2。東京都現代美術館、ミナ ペルホネン/皆川明「つづく」。先に見たカミーユ・アンロの作品展が混沌や闇(と勝手に思っている)であるなら、こちらは光。まばゆいばかりの光、そして日だまりのような温かさ。設立当初から現在、未来へとつづくミナの世界を存分に味わえる。ファンだけでなく、ものづくりを生業にしている者にも心に響く展示会ではないだろうか。機械を使ってはいるがもはや手仕事と言っていいような刺繍、テキスタイルのための細かなデッサンなど、ものづくりの本質って本当はこうだよね、と感嘆しながら会場を歩く。「風」を見てわたしもミナを着ながら仕込みをするぐらいにならなくちゃだめじゃない?とか思ったり、「土」では愛用者の思い出一つひとつに胸をえぐられ目頭を熱くしたり。
そんな展示を見て思ったのは、制作者って結局は黒子なんじゃないかということ。例えば服ならデザイナーではなく、着る人が主役なんだということ。じゃあパンは?作る私じゃなくて食べる人がやっぱり主役かな。私は果たして食べる人を主役にできるパンを作れているだろうか。
ミナ ペルホネン/皆川明「つづく」_b0197998_00502061.jpg
会場入り口。ずらりと並ぶミナのテキスタイルたち。

ミナ ペルホネン/皆川明「つづく」_b0197998_00502809.jpg
「森」
洋服の森。設立当初から2020年春夏コレクションまでの約25年分の服、400着以上を集め展示している。

ミナ ペルホネン/皆川明「つづく」_b0197998_00503467.jpg
「森」
どれか一つは好みの服があるはず。

ミナ ペルホネン/皆川明「つづく」_b0197998_00504160.jpg
「種」
アイデアと試み。これはミナのためにつくられたモチーフたち。
こんな小さなパーツもゼロから作っていることに驚きと羨望がうずまく。

ミナ ペルホネン/皆川明「つづく」_b0197998_00504883.jpg
「種」
これまでのインビテーションカード。こんな素敵な招待状をもらったら一生取っておくと思う。

ミナ ペルホネン/皆川明「つづく」_b0197998_00505314.jpg
「種」
いろんなアイデアが楽し気にかわいく展示されていました

すべての展示を見終えると、何かひとつはミナのものが欲しくなると思います。特に今回の図録、どうやら表紙がミナのテキスタイル・デザインらしく、しかもいろんな柄があったようなんです。でも閉館ギリギリに滑り込んだため(というかここの閉館が6時までなんて知らなかった。早すぎ)6時5分前には売り場を閉められてしまったためよく見ることもできず、追い立てられるように会場を出ました。その冷酷ぶりは昔行ったポンピドゥーセンターの係員を思い起こさせましたが、まぁしかたない。

そんなわけでどっぷりミナの世界に浸りたい方は時間に余裕をもっておでかけください。最寄り駅は清澄白河ですよ




# by zizo_cafe | 2019-12-11 00:57 | アート探訪

東京アート散歩。東京オペラシティアートギャラリー、カミーユ・アンロ「蛇を踏む」。うーん、うーん、何て言ったらいいのか。わたしには難解でした。乱暴に言えば「わたし作品展」って感じがしちゃった。最初の〈革命家でありながら花を愛するのは可能か〉は正直いけばな作品展にしか見えないし、〈アイデンティティ・クライシス〉は好きな色調だったけど心にストンとくるものがなく、《青い孤》は作者の頭の中を表してるのか、時代の空気感を表しているのか、複合的な意味合いを持たせているのか、それとも意味はないのか。規則性があるようなないような、どうとでもとれそうな表現の仕方がある種のいまどき感なのかなと思いつつ、最後の映像作品《偉大なる疲労》は見ていて心地よいものでは決してなく、この作品に光はあるのか、それとも嫌な感情にさせるのが狙いなのか、などといろいろ考えながらギャラリーを後にした。それとも鑑賞者を混乱させるのが狙い?そういう意味では私はまんまと罠にかかったと言えるだろう。

カミーユ・アンロ「蛇を踏む」_b0197998_22160607.jpg
<革命家でありながら花を愛することは可能か>
小説から発想を得た作品群。この作品は平野啓一郎の小説より。
カミーユ・アンロ「蛇を踏む」_b0197998_22161457.jpg
<革命家でありながら、花を愛することは可能か>
ピエル・パオロ・パソリーニの「グラムシの遺骸」から。
カミーユ・アンロ「蛇を踏む」_b0197998_22161952.jpg
<アイデンティティ・クライシス>

カミーユ・アンロ「蛇を踏む」_b0197998_22162512.jpg
<アイデンティティ・クライシス>

カミーユ・アンロ「蛇を踏む」_b0197998_22163200.jpg
《青い孤》
その名の通り青い部屋に雑誌や絵画、小物などがある部分ではぐしゃっと、ある部分ではきちんと並んでいる。蛇のぬいぐるみも点在してた。

今思えば、全作品とおして「蛇」はどこかに必ず出てきていたような。「蛇を踏む」というタイトルはカミーユ・アンロ自身かなり気に入っているんじゃないかと勝手に思いはじめている。もともとは川上弘美の小説のタイトルだけど。

会場で気づいたのは、意外と年配のお客様が多かったこと。友人によるとNHKの「日曜美術館」で紹介されたらしい。その影響かな。

ちなみに会場である東京オペラシティアートギャラリーの収蔵品展のひとつリー・ウーファンの「版との対話」はとてもよかった。デザインとはなんぞやということを教えられる。


# by zizo_cafe | 2019-12-07 22:29 | アート探訪

この夏、塩竈にあるギャラリーのオーナーさんのSNSでたまたま知って見に行った展示会で、彼の作品にほぼ一目惚れ。軽さと多色の色使いが「今」の空気感をまとっていると感じる。まだ現役の大学生、これからの人。投資ということではなく、純粋に好きな作品なの。

佐藤由太郎くんのシルクスクリーン_b0197998_00154978.jpg


佐藤由太郎くんのシルクスクリーン_b0197998_00143123.jpg

こういう軽い作品、私には絶対に作れないなと思う。どこか心にいい意味でのすき間がないとこんなに色で遊べないし、こんな美人描けない。何度見てもいい、ふわっと風が吹き抜ける気がする。

佐藤由太郎くんのシルクスクリーン_b0197998_00275581.jpg

今後の彼がとても楽しみ。すくすくと育ってほしい。って息子ですか?(写真に写っている方は一般のお客様です。本文に関係はありませんよー)


# by zizo_cafe | 2019-10-07 00:30 | アート探訪

占い

凪のお暇というドラマを初めて見た。主演の黒木華さんのヘアスタイルがとても可愛いと思っていて、ちょっと真似してみたんだけど、そういえば肝心のドラマをまだ一度も見ていないと思って。漫画が原作ですが、まだ読んだことないし。

ドラマは思っていた以上に面白かった。時間があっという間に過ぎていた。奇想天外でも専門職系でもなく特に目立った大事件が起こるわけでもないんだけど、緩く過ぎる時間の中に大事な気づきがあるというか。例えるなら砂をすくって砂鉄(ダイアモンドではなく)を探すようなそんな感じでしょうか。

私が見た回では、黒木華さん演じる凪が飲み屋のボーイを始めたところだった。どうやら万事順調というわけではなく、接客業なのにお客さんとうまく話しができないと悩んでいた。結局その解決法として「人に興味を持つ」ということがわかって、めでたしめでたしなんだけど、それを見ていて不意に思い出したのです。私ずい分前占いに行ったときに「水の仕事があっている」と言われたことを。

水の仕事っていったら、あなた水商売じゃなくて?きゃあ、凪と一緒だわ~。
あ、でも食べもの系も大きくみれば水商売かな、お客様次第という意味でも、消えものという意味でも。

なんだかなぁ、変なこと思い出しちゃった。あれはいつ頃見てもらった占いだったろう。確か占星術か何かだったような。当時すでにパソコンで占っていたからそう大昔ではなかったような?でも20年くらい前だったらもう大昔か。

なんか懐かしい、まさかそんな記憶が出てくるなんて。そういえばその占いを見てもらった時は今の仕事なんて全然頭になかった。人生って本当にわからないもんですね。

# by zizo_cafe | 2019-08-30 00:48 | 生活

打ち上げ花火

打ち上げ花火_b0197998_22375247.jpg

久しぶりに何か書こうと思ってパソコンに向かってみたけど、どうも指が思うように動かない。書きたいことは頭の中にたくさんあったはずなのに、いざ更新しようとすると頭の中で考えていたことが文章になってでてこない。

以前は書きたいことが毎日のようにあって、それを出さずにはいられなかったし、すぐに出せた。でも今は書く前に考えてしまう。色気づいて上手く書こうとしているのかもしれない、意図せずにして。しばらく更新していないうちにブログ筋(そんなものがあればだけど)が弱ってしまった?誰の目も意識せずに自分が書きたいと思うままに書ければいいのかな。でもそんな文章って読んで楽しいのだろうか?やっぱり人に読まれるという意識があるからこそ、一つの事柄について深く考察したり、表現の仕方を工夫したりして「いい文章」になるのではないか。

と堂々巡りで考えてみたが、決着がつかない。しょせん「趣味のブログ」っていう領域を出ないから。上手くても下手でもOKなのである。でも、やっぱり書く以上はいい文章にしたい。ちょっとブログのデザインも変えてみたし(以前のは写真をたくさん撮って更新するにはいいデザインだったんだけど、写真なしで更新したいときにはあまり適格じゃなかったから)、もう少し頻度を高く更新できるよう努めます。

# by zizo_cafe | 2019-08-10 23:58 | 生活