The London Plane

ちょっと思い切って連休前にシアトルまで行ってきました。
そこでの様々な人との出会い、お店との出逢いに感謝しつつ、それらを少しずつ振り返ってみたいと思います。
b0197998_22232223.jpg
今回滞在したのは、シアトル中心部ダウンタウンから少し離れたスタジアム周辺のエリア。人通りもあまりなく(と書くと国が国だけあってちょっと危険なイメージになってしまいますが、別な言い方をすれば閑静なエリアという感じでしょうか。10年ぶりくらいに行った2度目のアメリカ、いろんな角度から見ると10年前には見えなかったものが見えてきました。例えば公共トイレがないとか。ここら辺はまた別の機会に)

滞在中のホテルから歩いて5分~10分以内のところにとっても素敵なカフェを見つけました。それが「The London Plane」。
b0197998_22244370.jpg
このカフェはアメリカには珍しく?ベーカリーとお花屋さんが一緒になっていて、通りから中をのぞくと高い天井と白い壁面をバックに美味しそうなパン、焼き菓子が並び、入り口手前には季節の花々がゲストを迎えています。さらに左手にはいくつものテーブルと椅子が並び、テーブルの上には美しく整えられたカトラリーがセッティングされていて上品なカフェ空間となっていました。

通りを散歩しながらその佇まいに惹かれ、花に吸い寄せられる虫のように近づいていつの間にか店内に入っていきました。店内は想像した通りに素敵でかわいくて本当はお茶でもしたかったけど、この時はあまりにも店内がおしゃれで品があることに気おくれし「中で食べるか?」と聞かれたのに「持ち帰ります」と口走ってしまった小心者の私。持ち帰りにしたのはコーヒーケーキ。
b0197998_22234008.jpg
これ、コーヒーの味がするだろうと思って好奇心から買ったのだけど、全くコーヒーの味がしません。あれ、なんでだろう?とよくよく考えてみたらアメリカでコーヒーケーキといえば、コーヒーブレイクに食べるケーキのことだったかも、と思い至りました。味はうーん、甘かったですね。アーモンドパウダーをふんだんに使っていると思うのですが、アーモンドを生かそうというよりお菓子だから甘くしようという意思を感じる甘さでした。疲れている時には励みになるかも。

この日は晴れていたので近くの広場でいただきました。あ、ちなみにアメリカでは公園など外でお酒は飲んではいけませんのでご注意くださいね。

翌日たまたまスカウトした日本人の学生さん(女性)と一緒に念願のイートインを果たしました。
b0197998_23432671.jpg
季節のサラダ。きゅうりと赤カブ、オリーブとフェンネルが散りばめられ、ブルーチーズで作ったソースがかけられています。シンプルながらとっても本当にとっても美味しかった。思わず「あれ、ここはパリ?それともロンドン?」と思うくらい、ここがアメリカということを忘れてしまうくらい繊細な味付けでした。ちなみに奥に見えるのはスカウトした学生さんが頼んだメキシカン・コーラ。これひと口味見させてもらったけど、よくあるコーラよりすっきりしていて美味しかったです。

そして、他のゲストが頼んでいたパンのプレートがあまりにも美味しそうだったので追加注文をしたのがこれ。
b0197998_22243026.jpg
たぶんカンパーニュだと思いますが、このパンがめちゃくちゃ美味しい!外側の香ばしさと、中身の水分を含んだ柔らかさ。そしてつけあわせの塩バターがまた絶品でした。このパンと塩バターの組み合わせは最強です。シアトルで食べた中で強烈に美味しいと思った一品。

ここは広場が窓越しから見え、季節ごとの木々の変化も楽しみながら食事ができるカフェです。存分に植物の良さを体で感じながら美味しいごはんを食べ、お土産にパンやお菓子も買えてしまうという贅沢なお店。漂う雰囲気がアメリカというよりヨーロッパに近い感じがする。居心地の良さはそこからも来ているのかも。

味ももちろんですがスタッフもとっても素敵。主にホールを担当していた女性は美人でスタイルも抜群、しかも優しい。奥にいた男性スタッフも端正な見かけ以上にフレンドリーで親切な方でした。

また行きたいな。今度は絶対ローカル・ワインを飲みながら食事をすることに決めています。


by zizo_cafe | 2017-04-24 00:05 | アメリカ物語

お菓子とお花と自家製天然酵母パンの探求の日々。二ホンミツバチとの暮らしはお休み中。


by zizo_cafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31