6年後の3月11日の翌日

b0197998_09142704.jpg
トラストシティ前の広場。
日曜午後、ふらりと立ち寄ったビルの前にたくさんのキャンドルが置いてあった。メッセージつきのものもある。温かい言葉の数々に触れて、閉ざしていた心の蓋が少し開いてしまったみたいだ。震災直後の不安や受け止めたくないと抗う気持ち、前を向かなくちゃと鼓舞していたあの頃のいろんな感情が思わずふっとよみがえって涙が出そうになった。

ビルの中では入場無料の復興コンサートも行われていた。演奏していたのは仙台と福島を中心に活動する森の弦楽四重奏団。カルテットの柔らかな響きにふわっと押されてここでも記憶がふいによみがえった。あの頃仙フィルのメンバーによる復興コンサートが街角で静かに奏でられていたこと、沈んでいた気持ちが癒されたこと。

3月11日午後2時46分の黙とうは忘れてしまったけど、震災の記憶は決して消えてないことを再確認した6年後の翌日。そして、震災を経験し、被災地に住んでいる者でさえ、あえてイベントを介さなければ記憶を蘇らせることがなくなってきている、かもしれないと思わず感じた6年後の翌日。

by zizo_cafe | 2017-03-17 10:02 | 震災後日記 | Comments(0)

お菓子とお花と自家製天然酵母パンの探求の日々。二ホンミツバチとの暮らしはお休み中。


by zizo_cafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31