6年後の3月11日

今日も朝から寒かった。昨日は吹雪のように雪が降っていて、どうしてもこの時期は雪になるんだなと、もはやあきらめている。
6年はあっという間。昔は1年、2年なんて捨ててもいいくらいに思っていたのに年々日々の価値が重くなり、いまや1年どころか1週間さえも貴重に思えてくる。

今日はじめて黙とうをしなかった。
正確にいうと、アラームをセットしていたのだが音が出ないように設定していたため気づかなかったのだ。習い事をしていて意図的ではなかったが、それでもつい忘れてしまうくらい夢中だった。それだけあの日も日常に埋没しつつあるということなのか。よくも悪くもそれが生きていくということなんだろうと思う。

でも絶対忘れることはない。
もう戻れない、震災前の故郷には二度と帰ることができない。
その悲しみを一生抱き続けながら生きていくのだろうと思う。それだけはずっと事故以来確信し続けている。

by zizo_cafe | 2017-03-11 23:46 | 震災後日記

お菓子とお花と自家製天然酵母パンの探求の日々。二ホンミツバチとの暮らしはお休み中。


by zizo_cafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31