おかずケーキ〜「雪と珊瑚と」梨木香歩著

久しぶりに好きな分野の小説を読んだ!と感じた一冊。
ひとことで言えば「夢をもち、実現する」系であろうか。

主人公の珊瑚は21才のシングルマザー。
娘の雪はようやくお座りができるようになったばかり。
母親とも離れて暮らし、職もなく、頼れる親族も身近にいない。
雪を預けて働こうと保育所を探すもどこからも門前払いされ途方にくれていたある日の散歩中、「赤ちゃん、お預かりします」という張り紙を見つける。

というプロローグからストーリーは始まる。

まあ、最初は正直言って大して期待していなかった。
シングルマザーの話って最初は苦労して辛い思いをしても、そのうち救世主のように助言を与える誰かが現れ、最後は「みんなありがとう、私たちこれからも頑張って生きていきます」的な感じで終わるのだろうと思ったから。

ただ梨木香歩は好きな作家のひとりだし、最近読んだ「ピスタチオ」も面白かったし、単行本の表紙も素敵だったから何となく手にとっただけ。まさかこんなに心に影響を与える本となろうとは思ってもいなかった。

ひねくれ者の私の心を鷲摑みにした最大のポイントは珊瑚がお店を開くという展開にある。

読み進めていく中で「あれ、もしや、この展開、店開くっていうんじゃないよね…」と思うが早いか、珊瑚はあれよあれよという間に都会の森の中に素敵な野菜料理のカフェレストランを開いてしまったのです。

この小説にはたくさんのモデルがいるのではないかと思ったが、その中のひとりに野菜スイーツの店ポタジェの柿沢さんを思い起こした。

珊瑚が開いたのは野菜を中心とした料理のカフェだが、様々な出会いの中でアレルギーのある人たちも等しく美味しく食べられる店にしたいと思う。カフェで食べるだけでなく、総菜も持ち帰りできるようにした店だ。森の中の古民家を改造した、ある意味今どき風のカフェ。

そんな珊瑚のお店を周りは放っておくわけがなく、ある日、駅に出店しませんか、と持ちかけられる。珊瑚は迷った末にある決断をするのだがここでは明かさずにおこう。

野菜=柿沢さん、っていう私の発想も陳腐すぎるが、珊瑚と何となく目指す方向が似ているような気がしたのだ。

さて、珊瑚がどうして店を開こうと思うことになったのか。
そのキーパーソンともいえる人物が「赤ちゃん、お預かりします」と張り紙をした初老の女性、くらら。彼女は珊瑚のこどもを預かるだけでなく、様々な助言と、珊瑚が新しい世界を開くきっかけを与えてくれます。彼女との出会いがなければ、そもそも珊瑚は店を開こうとも思わなかったでしょう。

こうして考えてみると、やはりこの小説にも助言を与え、勇気づけてくれる救世主は例外なく現れていますね。でも、人間はひとりでは生きられない。絶対に。出会いの大切さ、想いを形にする情熱、これらを再確認した一冊でした。

さて、作中くららは珊瑚にたくさんのレシピを教えてくれますが、その中で何度か登場する料理を一品ご紹介しましょう。

その名も「おかずケーキ」。

冒頭、珊瑚がくららと出会ったその日に初めてごちそうになった一品です。
b0197998_18123347.jpg

これは私が小説を真似て作ってみたもの。

小説のとおり、残ったおかずをケーキの中に混ぜ込んで焼いてみました。
ベースに小麦粉、ベーキングパウダー、卵、サラダ油、白ワイン。
具は義母からもらった京菜のおひたし、カマンベールチーズ、コーン。

冷蔵庫の残りものを一掃するにも一役。
あ、白ワインはなんとビールに変えてもOKです。

180℃で約1時間焼きました。

朝食にもランチにも前菜にもぴったり。
万能のケーキです。だって砂糖も塩も一切使ってないんだもん。

きっと珊瑚もこんなケーキを食べて、夢をもって叶える第一歩を踏み出したのかもしれませんね。
by zizo_cafe | 2013-02-21 18:12 | 小説 | Comments(0)

お菓子とお花と自家製天然酵母パンの探求の日々。二ホンミツバチとの暮らしはお休み中。


by zizo_cafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30